既存の起動コンフィギュレーションのインポート

既存の起動コンフィギュレーションを Eclipse にエクスポートする方法を説明します。

手順

  1. [File]メニューから[Import...]を選択します。
  2. [Import]ダイアログボックスで、[Run/Debug]グループを展開し、[Launch Configurations]を選択します。
    図 [Import launch configuration]ダイアログボックス
    [Import launch configuration]ダイアログボックス

  3. [Next]をクリックします。
  4. [Browse...]をクリックして、ローカルファイルシステム内の必要な場所を選択します。
  5. 起動ファイルが存在するフォルダを選択し、[OK]をクリックします。
  6. 必要なフォルダと起動ファイルのチェックボックスを選択します。
    図 起動コンフィギュレーションファイルの選択パネル
    起動コンフィギュレーションファイルの選択パネル

  7. 既存のコンフィギュレーションを同じ名前で置き換える場合は、[Overwrite existing launch configurations without warning]を選択します。
  8. [Finish]をクリックします。
関連する作業
2.5 Linux アプリケーションのデバッグ用の 固定仮想プラットフォームFVPモデルへの接続の設定
2.6 gdbserver を使用した Linux アプリケーションへの接続の設定
2.7 Linux カーネルへの接続の設定
2.3 ベアメタルハードウェアターゲットへの接続の設定
2.10 ベアメタルターゲットへの[イベント]ビューの接続の設定
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.