4.7 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Enumerations]タブ

定義したレジスタ別に、使用する分かりやすい名前に値を割り当てることができる表形式ビュー。リストは、[Registers]ビューにレジスタが表示されたときに、値の代わりに使用できます。この設定を使用することで、別の値に関連付けられている名前を定義することができます。このグループに定義されている名前は[Registers]ビューに表示され、レジスタ値を変更する場合に使用できます。
レジスタのビットフィールドは、レジスタ内の位置に関係なく、0, 1, 2,... のように番号が付けられます。
例えば、ENABLED1DISABLED0 と定義するとします。
以下の設定が使用できます。
[Unique Name]
選択したリスト定義の名前(必須)。
[Value]
[Registers]タブで選択できる、コンマ区切り値として指定される定義(必須)。
説明
選択したリスト定義の詳しい説明。
必須フィールドにはアスタリスク(*)が表示されています。ツールバーボタンとエラーメッセージは、必要に応じてヘッダパネルに表示されます。
関連する概念
4.1 ターゲットコンフィギュレーションエディタについて
関連する作業
4.9.5 ペリフェラルレジスタで使用する呼称定義の作成
4.9.6 ペリフェラルレジスタへの列挙型の割り当て
関連する参考文書
4.2 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Overview]タブ
4.3 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Memory]タブ
4.4 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Peripherals]タブ
4.5 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Registers]タブ
4.6 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Group View]タブ
4.8 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Configurations]タブ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.