4.5 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Registers]タブ

ターゲットのメモリマップレジスタを定義できる表形式ビュー。各レジスタは名前と型が指定され、サブレジスタとして機能するビットフィールド(任意の数のビット)に分割することができます。
[Unique Name]
レジスタの名前(必須)。
名前
レジスタのユーザフレンドリな名前。
[Base Address]
ベースアドレスに使用する絶対アドレスまたはメモリ領域の名前。デフォルトは、絶対開始アドレスの 0x0 です。
オフセット
ベースアドレスに追加されたオフセットです(必須)。
[Size]
レジスタのサイズ(バイト単位)(必須)。
[Acess size]
レジスタのアクセス幅(バイト単位)。
アクセス
選択したレジスタのアクセスモード。
説明
レジスタの詳しい説明。
ペリフェラル
該当する場合は関連ペリフェラル。
[Bitfield]ボタンをクリックすると、次の情報が含まれるテーブルが表示されます。
[Unique Name]
選択したビットフィールドの名前(必須)。
名前
選択したビットフィールドのユーザフレンドリな名前。
[Low Bit]
選択したビットフィールドのゼロインデックスの低位ビット番号(必須)。
[High Bit]
選択したビットフィールドのゼロインデックスの高位ビット番号(必須)。
アクセス
選択したビットフィールドのアクセスモード。
説明
選択したビットフィールドの詳しい説明。
[Enumeration]
該当する場合に選択したビットフィールドの関連列挙型。
図 4-5 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Registers]タブ
ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Registers]タブ

必須フィールドにはアスタリスク(*)が表示されています。ツールバーボタンとエラーメッセージは、必要に応じてヘッダパネルに表示されます。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.