3.11 トレースポイントの設定

トレースポイントは、アプリケーションの実行中にトレースキャプチャデバイスの動作をトリガするときに使用されるメモリ位置です。トレースポイントは、指定したアドレスでプロセッサが命令を実行したときに達するポイントです。トレースポイントタイプに基づいて、トレースキャプチャが有効または無効になっています。

トレースポイントは以下から設定できます。
  • ARM アセンブラエディタ。
  • C/C++ エディタ。
  • 逆アセンブリビュー。
  • 関数ビュー。
  • メモリビュー。
  • トレースビューの命令実行履歴パネル。
トレースポイントを設定するには、トレースポイントを設定する位置で左側のマーカバーを右クリックし、コンテキストメニューから[トレースの始点の切り替え][トレースの終点の切り替え]、または[トレースのトリガポイントの切り替え]のいずれかを選択します。トレースポイントを削除するには、同じトレースポイントでこの手順を繰り返すか、ブレークポイントビューからトレースポイントを削除します。トレース起点、終点、そしてトリガポイントの詳細については、「トレースサポートについて」を参照して下さい。
トレースポイントは、接続するたびに格納されます。アクティブな接続が切断された場合、トレースポイントはソースエディタからのみ作成できます。
すべてのトレースポイントは、[ブレークポイント]ビューに表示されます。
関連する参考文書
11.3 ARM アセンブラエディタ
11.4 [Breakpoints]ビュー
11.5 C/C++ エディタ
11.6 [Commands]ビュー
11.8 [Disassembly]ビュー
11.11 [Expressions]ビュー
11.14 [Memory]ビュー
11.17 [Registers]ビュー
11.26 [Variables]ビュー
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.