4.9.5 ペリフェラルレジスタで使用する呼称定義の作成

ペリフェラルレジスタで使用する列挙型を作成する方法を説明します。

複雑なペリフェラルの場合、呼称定義を作成して特定のペリフェラルのビットパターンに割り当て、同等の 16 進数値を記述する代わりに呼称定義の値の一覧から選択することができます。(例:有効/無効、オン/オフなど)。

手順

  1. [Enumerations]タブをクリックします。
  2. 次の図に示すようにデータを入力します。
    図 4-14 呼称定義の作成
    呼称定義の作成

関連する作業
4.9.1 メモリマップの作成
4.9.2 ペリフェラルの作成
4.9.3 スタンドアロンレジスタの作成
4.9.4 ペリフェラルレジスタの作成
4.9.6 ペリフェラルレジスタへの列挙型の割り当て
4.9.7 制御レジスタのリマップ規則の作成
4.9.8 制御レジスタによるリマップのメモリ領域の作成
4.9.9 重複するメモリ領域へのマップ規則の適用
関連する参考文書
4.9 新しいターゲットコンフィギュレーションファイルの作成方法を示したシナリオ
4.5 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Registers]タブ
4.7 ターゲットコンフィギュレーションエディタ – [Enumerations]タブ
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.