2.8.1 既存のアプリケーションへの接続とアプリケーション巻き戻しセッションの開始

ターゲット上で既存のアプリケーション巻き戻しサーバセッションへの接続を設定するには、[Connect to already running application]オプションを使用します。

前提条件

既存のアプリケーション巻き戻しサーバセッションに接続する前に、以下の手順を行う必要があります。
  • インストールされブートされている オペレーティングシステムOSでターゲットを設定します。詳細については、ターゲットに付属のマニュアルを参照して下さい。
  • DS-5_install_directory\arm\undodb\linux フォルダにある undodb-server ファイルが、ターゲットにコピーされていることを確認します。
  • デバッグの対象となるアプリケーションがターゲットにコピーされていることを確認します。
  • アプリケーション巻き戻しサーバセッションがアプリケーションで実行され接続されていることを確認します。

ターゲットでアプリケーション巻き戻しサーバとアプリケーションを実行するには、次のコマンドを使用します。
undodb-server --connect-port port path/myApplication
各項目には以下の意味があります。
ポートは、DS-5デバッガと通信するためにアプリケーション巻き戻しサーバが使用する指定した TCP/IP ポート番号です。
path/myApplication は、デバッグするアプリケーションです。

手順

  1. [DS-5 デバッグ]パースペクティブに切り替えるには、メインメニューから[ウィンドウ] > [パースペクティブを開く] > [その他] > [DS-5 デバッグ]の順に選択します。
  2. [実行]メニューから[Debug Configurations...]を選択します。
  3. コンフィギュレーションツリーから [DS-5 Debugger]を選択し、[New launch configuration] をクリックして新しいコンフィギュレーションを作成します。
  4. [名前]フィールドに、新しいコンフィギュレーションの適切な名前を入力します。
  5. [接続]タブを選択してターゲット接続を設定します。
    1. [ターゲットの選択]パネルで、[Linux アプリケーションデバッグ] > [Application Debug with Rewind Support] > [Connections via undodb-server] > [Connect to already running application]の順に選択します。
      図 2-8 [Application Debug with Rewind Support] - [Connect to already running application]
      [Application Debug with Rewind Support] - [Connect to already running application]

    2. 接続先の[アドレス]を入力します。
    3. 接続先の[UndoDB-server (TCP)][ポート]を入力します。
  6. [Files]タブを選択し、[Files]パネルで、デバッガを使用してデバッグ情報をロードするホスト上のファイルを選択します。必要に応じて、ターゲットにダウンロードするホスト上の他のファイルを指定することもできます。
  7. [Debugger]タブを選択して、デバッガを設定します。
    1. [実行制御]パネルで、ターゲットに接続した後にデバッガで行うアクションを指定します。
    2. [ホスト作業ディレクトリ]パネルで、ホスト作業ディレクトリを設定するか、またはデフォルトを使用します。
    3. [パス]パネルで、デバッガがソースコードを表示するときに使用する、ホスト上のソースまたはライブラリの検索ディレクトリを指定します。
  8. [Apply]をクリックしてコンフィギュレーション設定を保存します。
  9. [デバッグ]をクリックしてターゲットに接続します。
接続時は、関連するすべてのビューとエディタが表示されます。
これらのオプションの詳細については、キーボードの F1 キーを押して、ダイナミックコンテキストヘルプを表示して下さい。
関連する概念
6.13 アプリケーションの巻き戻しについて
関連する参考文書
11.38 [Debug Configurations]-[接続]タブ
11.39 [Debug Configurations] - [Files]タブ
11.40 [Debug Configurations] - [Debugger]タブ
11.41 [Debug Configurations]-[OS Awareness]タブ
11.42 [Debug Configurations] - [Arguments]タブ
11.43 [Debug Configurations] - [Environment]タブ
2.1 概要:DS-5デバッガにおけるデバッグ接続
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.