7.12 ユースケーススクリプトの Run メソッドの定義

$Run$ タグで名前が指定されたメソッドには、スクリプトのオプションへのアクセスを可能にする options という名前の少なくとも 1 つのパラメータを含める必要があります。

例 7-7 例

...
$Run$ mainMethod
...
def mainMethod(options):
    print “Running the main method”
複数のパラメータを要求するユースケースのエントリポイントを定義することができます。$Run$ タグを定義した場合は、関数名のみが定義されます。スクリプト内で関数を定義した場合は、必要なパラメータ数が定義されます。

例 7-8 例

...
$Run$ main
...
# 位置引数を持つ main メソッド
def main(options, filename, value):
    print “Running the main method”
    # スクリプトに指定された位置引数を使用する。
    print “Using file: “ + filename + “ and value: “ + value
この例では、main では 2 つのパラメータ、filename および value が必要で、これらは、ユースケーススクリプトの実行時にコマンドラインで指定する必要があります。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446WJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.