5.1 ターゲット実行環境の検査

デバッグセッション時に、レジスタまたは変数の値、シンボルのアドレス、変数のデータ型、メモリの内容などの表示が必要になる場合があります。DS-5 デバッグパースペクティブには、現在の値を示す基本的なデバッガビューが用意されています。

アプリケーションをステップ実行すると、アクティブな接続に関連付けられているすべてのビューが更新されます。ビューをパースペクティブ内のさまざまな位置に移動するには、タブをクリックし、ビューを別の位置にドラッグします。また、タブをダブルクリックして、ビューを最大化またはリセットすることで、ビューの内容をより詳細に分析することができます。

図 5-1 ターゲット実行環境
ターゲット実行環境


デバッガコマンドを使用して、必要な情報を表示することもできます。[コマンド]ビューで、個々のコマンドを実行したり、スクリプトファイルを使用して一連のコマンドを実行したりすることができます。

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.