11.49 [Remote System Details]ビュー

[リモートシステム詳細]ビューは、ローカルシステムとリモートシステムの表形式ビューです。

このビューを使用すると、以下を実行できます。

  • リモートターゲットへの Linux 接続を設定します。

  • ホストワークステーションとリモートターゲットにあるリソースにアクセスします。

  • 選択したファイルを C/C++ エディタビューで表示します。

  • 選択した接続コンフィギュレーションの詳細を、[リモートシステム]ビューで開いて階層ツリーで表示します。

  • [Remote Monitor]ビューを開いて、選択した接続コンフィギュレーションの詳細を表示します。

  • 選択した接続コンフィギュレーション詳細をインポートおよびエクスポートします。

  • 選択したターゲットに接続します。

  • 選択した接続のすべてのパスワードを削除します。

  • [プロパティ]ダイアログボックスを開いて、選択したターゲットの現在の接続の詳細を表示します。

図 11-59 [Remote System Details]ビュー
[Remote System Details]ビュー


[Remote System Details]ビューはデフォルトでは表示されません。このビューを追加するには、以下の手順に従います。

  1. [Window] > [Show View] > [Other...]を選択して[Show View]ダイアログボックスを開きます。

  2. [Remote Systems]グループを展開して[Remote System Details]を選択します。

  3. [OK]をクリックします。

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.