11.50 シリアル接続および SSH 接続用のターゲット管理端末

ターゲット管理端末を使用すると、外部アプリケーションを起動せずにターゲットに直接シェルコマンドを入力できます。

例えば、ls または pwd コマンドを Linux 端末での場合と同じように入力して、リモートのファイルやフォルダを表示できます。

図 11-60 [Terminal]ビュー
[Terminal]ビュー


[Terminals]ビューはデフォルトでは表示されません。このビューを追加するには、以下の手順に従います。

  1. [Window] > [Show View] > [Other...]を選択して[Show View]ダイアログボックスを開きます。
  2. [Terminal]グループを展開し、[Terminal]を選択します。
  3. [OK]をクリックします。
  4. [Terminal]ビューで、[Settings]をクリックします。
  5. 必要な接続の型を選択します。
  6. [Settings]ダイアログボックスに適切な情報を入力します。
  7. [OK]をクリックします。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.