15.5.6 コアデバイスから見たメモリ

DTSL コンフィギュレーションによって、 ARM® コアの DTSL デバイスオブジェクトが作成されるとそのデバイスオブジェクトに対してメモリ操作を実行することによってターゲットメモリにアクセスできます。一般的に、DS-5デバッガは通常、デバッグセッション中にこのようにしてメモリにアクセスします。ただし、このようなメモリアクセスには特性があり、ある程度の制限があります。

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.