15.8.2 DTSL トレースデコード

生のトレースデータをトレースキャプチャデバイスからトレースクライアントによる使用に適した形式に処理するために、DTSL はトレースデコーダのパイプラインを通じて生のトレースデータをプッシュします。以下の図は、DSTREAM トレースデータのこの流れの例を示しています。

図 15-14 DSTREAM の DTSL トレースデコードステージ
DSTREAM の DTSL トレースデコードステージ


パイプラインデコードブロックの数と種類は、トレースキャプチャデバイスの形式とトレースデータの形式によって決まります。ただし、最終的には、クライアントと互換性のあるデータ(生のトレースソースデータ)を DataSink に配置し、トレースクライアントが使用できるようにします。

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.