15.8 DTSL トレース

DTSL は、DSTREAM、ETB、TMC/ETB、TMC/ETR などのさまざまなトレースキャプチャデバイスをサポートするよう設計されています。また、DTSL を拡張してその他のトレースキャプチャデバイスをサポートすることもできます。これらの各キャプチャデバイスでは、そのデータを異なる形式で DTSL に表示できます。

プラットフォーム内では、トレースデータはいくつかのトレースソースから生じることがあります。このデータは、トレースキャプチャデバイスが収集するデータストリームと混合されます。簡素化するために、トレースクライアント(DTSL からトレースデータの受け取りまたは読み出しを行うソフトウェアパッケージ)は通常、トレースソースから受け取ったトレースデータだけがデコード方法を理解するデータであるという前提に基づいて設計されています。例えば、トレースクライアントで PTM データのデコード方法がわかる場合は、DTSL からトレースデータを読み出すときに PTM データを受け取ることだけを予測します。

以下のサブセクションから構成されています。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.