15.1 その他の DTSL ドキュメントおよびファイル

その他の DTSL ドキュメントおよびファイルは、<DS-5 Install folder>\sw\DTSL にあります。

以下のドキュメントは、DTSL を理解するのに役立ちます。これらのドキュメントにアクセスできることを確認して下さい。

DTSL オブジェクトレベルのドキュメント

DTSL は主に Java で記述されているため、ドキュメントは Javadoc ファイルの形式になります。DTSL Javadoc は、PDF(DTSLJavaDocs.pdf)と HTML ファイル(com.arm.debug.dtsl.docs.zip 内)の両方で提供されます。HTML ファイルはブラウザで直接表示するか、Eclipse 環境内で使用できます。

DTSL Javadoc の特定のクラスには、廃止予定とマークされています。これらのクラスは、新しい DTSL コードでは使用できません。これらは、古い DTSL コードを調べるときに見つかった場合にのみドキュメントで提供されます。

RDDI API のドキュメント

DTSL は、RDDI-DEBUG をネイティブのターゲット接続 API として使用するよう設計されています。したがって、一部の RDDI-DEBUG API は、DTSL 内で参照されます。完全を期すために、RDDI のドキュメントは DTSL のドキュメントに含まれています。

RDDI のドキュメントは、HTML 形式で提供され、<DS-5 Install folder>\sw\debugger\RDDI\docs\html にあります。ドキュメントにアクセスするには、index.html を開きます。

また、DTSLExamples.zip にアクセスできることも確認して下さい。これには、このドキュメントで説明されている DS-5 configdb エントリに加えて、DTSL のサンプルコードも含まれています。このドキュメントでは、このファイルに含まれている Eclipse プロジェクトをインポートすることで、Eclipse インストールにサンプルが追加されていることを前提としています。

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.