10.6 プラットフォーム コンフィギュレーションの作成

[Platform Configuration] ウィザードを DS-5 内で使用して、新しいプラットフォーム用のデバッグ コンフィギュレーションを作成できます。

新しいプラットフォーム コンフィギュレーションを DS-5 で作成するには、Eclipse の新しい [Platform Configuration] プロジェクトが必要です。

手順

  1. DS-5 のメイン メニューで、[File] > [New] > [Other] の順に選択して、新しいプロジェクト ダイアログを開きます。
  2. [DS-5 Configuration Database] > [Platform Configuration]を選択し、[次へ]をクリックします。
    図 10-1 新規 PCE プロジェクト
    新規 PCE プロジェクト


  3. この図は、[Create Platform Configuration] ダイアログ ボックスを示しています。プラットフォームのコンフィギュレーションの作成に必要なメソッドを選択して、[Next] をクリックします。
    図 10-2 プラットフォームの作成オプション
    プラットフォームの作成オプション


    以下のオプションを使用できます。
    • [Automatic/simple platform detection]

      推奨されているオプションです。DS-5 は、プラットフォームに存在するデバイスを自動的に検出します。その後、必要に応じて他のデバイスを追加したり、デバイスの相互接続の方法を指定したりできます。このオプションを選択してから、[Next] をクリックして、プラットフォームに接続されるデバッグ ハードウェア アダプタを選択するか、デバッグ ハードウェア アダプタの [Connection Address] を指定します。

    • [Advanced platform detection or manual creation]

      このオプションを選択すると、プラットフォームからデバイス情報を読み取る際の個々の段階を制御できます。これは、特定のデバイス情報の読み取りによってプラットフォームが応答しなくなるような場合に便利です。

    • [Import from an existing RDDI configuration file (*.rcf, *.rvc, *.sdf), or a CoreSight Creator system description file (*.xml)]

      プラットフォームのコンフィギュレーション ファイルが既に存在する場合に、このオプションを使用します。このオプションは、プラットフォームで使用可能なコンポーネントに関する最小限の情報 (ベース アドレスなど) をインポートします。インポートの後、追加情報や、コンポーネント間のリンクを手動で入力して、デバッグとトレースの完全なサポートを有効にすることができます。

    • [Import from a *.cmm file]

      プラットフォーム コンフィギュレーションを CMM スクリプト (*.cmm) ファイルからインポートする場合に、このオプションを使用します。

      CMM スクリプトには、JTAG pre- および post- IR/DR ビット情報、コアの種類、デバイスのベース アドレス、CoreSight トポロジなど、ターゲットの記述情報を含めることができます。PCE はこれらの情報を使用して、DS-5 プラットフォーム コンフィギュレーションを作成し、トレース コンフィギュレーション用のカスタム DTSL 制御タブを準備することができます。

      一部の CMM スクリプトは、スクリプトに渡されるパラメータの値に応じて、異なるターゲット (または同じターゲット内の異なるコアやトレース デバイス) について記述します。CMM スクリプトにパラメータが必要な場合には、パラメータを [CMM script parameters] フィールドに入力します。

      図 10-3 CMM スクリプト パラメータの入力
      CMM スクリプト パラメータの入力


    注:

    デバッグ ハードウェアには、新しいプラットフォームの検出時に、必要最低限のファームウェア バージョンがインストールされている必要があります。旧式のファームウェアを使用している場合、プラットフォームの検出プロセスで、DS-5 から警告が生成されます。

    たとえば、以下の警告が表示されます。

    図 10-4 プラットフォーム コンフィギュレーション時におけるデバッグ ハードウェアのファームウェア アップデート通知
    プラットフォーム コンフィギュレーション時におけるデバッグ ハードウェアのファームウェア更新通知


    [Update] をクリックして、デバッグ ハードウェアのファームウェアを更新します。

    DS-5 はプラットフォームに接続し、プラットフォームから読み取ることのできるすべてのデバイス情報を読み取ります。[概要]ダイアログボックスには、プラットフォーム上で DS-5 によって自動検出されたデバイスのリストが表示されます。

    ターゲットによっては、警告やエラーが通知される場合があります。この情報をプラットフォームから取得できない場合、DS-5 は、デバイスの接続方法について推測しません。具体的には、DS-5 は、プラットフォーム上のトレースデバイスに関する必要な情報をすべて取得しているわけではない可能性があります。この情報は PCE ビューで指定できます。

  4. [Summary] ダイアログで、検出されたプラットフォームで次に実行する操作を選択します。以下のことができます。
    • デバッグ専用 DS-5 プラットフォーム コンフィギュレーションの保存

      デバッグ専用コンフィギュレーションをコンフィギュレーション データベースに保存するには、このオプションを選択します。後でこのコンフィギュレーションを DS-5 で開いて変更したり、このコンフィギュレーションを使用してプラットフォームの接続とデバッグを行ったりすることができます。

    • デバッグおよびトレース DS-5 プラットフォーム コンフィギュレーションの保存

      デバッグ コンフィギュレーションとトレース コンフィギュレーションをコンフィギュレーション データベースに保存するには、このオプションを選択します。後でこのコンフィギュレーションを DS-5 で開いて変更したり、このコンフィギュレーションを使用してプラットフォームの接続とデバッグを行ったりすることができます。

    • DS-5 プラットフォーム コンフィギュレーション エディターでのプラットフォームの編集

      コンフィギュレーションをコンフィギュレーション データベースに保存して PCE ビューを表示するには、このオプションを選択します。

      PCE ビューでは、DS-5 で自動検出できなかったプラットフォームに関する情報を指定できます。

    注:

    すべての DS-5 プラットフォームコンフィギュレーションは、コンフィギュレーションデータベースに保存する必要があります。
  5. [Next]をクリックします。
  6. [新規プラットフォーム]ダイアログボックスで、コンフィギュレーションデータベースを選択するか、[データベースの新規作成]をクリックして新しいコンフィギュレーションデータベースを作成し、コンフィギュレーションデータベースの名前を入力します。
    図 10-5 新しいコンフィギュレーション データベースの作成
    新しいコンフィギュレーション データベースの作成


  7. [OK] をクリックしてコンフィギュレーション データベースを保存し、[Next] をクリックします。
  8. [Platform Information] ダイアログボックスで、[Platform Manufacturer] (ARM など) を入力します。[Platform Name] (Juno など) を入力します。必要に応じて、プラットフォーム情報への URL リンクを提供する場合は、その URL を [Platform Info URL] に入力します。この URL は、プラットフォームのデバッグアクティビティを選択したときに[デバッグコンフィギュレーション]パネルに表示されます。
    図 10-6 新規プラットフォーム情報
    新規プラットフォーム情報


  9. [Finish] をクリックして、コンフィギュレーション データベースへのプラットフォームの追加を終了します。
    コンフィギュレーション データベースとプラットフォームを [Project Explorer] に表示できます。

    [Edit platform in DS-5 Platform Configuration Editor] オプションを選択すると、PCE ビューが開き、プラットフォームの詳細情報が表示されます。PCE でプラットフォーム コンフィギュレーションを編集する方法の詳細については、「PCE でのプラットフォーム コンフィギュレーションの編集」を参照してください。

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.