2.4 ベアメタルまたは Linux カーネルターゲット用のトレースの設定

DS-5 デバッガで提供されている DTSL オプションを使用して、ベアメタルまたは Linux カーネルターゲット用のトレースを設定できます。

ターゲット用のトレースを設定したら、ターゲットに接続してトレースデータをキャプチャできます。

手順

  1. DS-5 デバッガで、[ウィンドウ] > [パースペクティブを開く] > [その他] > [DS-5 Debug]を選択します。
  2. [実行] > [Debug Configurations]を選択して、[Debug Configurations]ランチャパネルを開きます。
  3. 左側のペインで、ターゲット用の DS-5 デバッガのデバッグコンフィギュレーションを選択します。

    ターゲット用に新しいデバッグコンフィギュレーションを作成する場合は、左側のペインから[DS-5 デバッガ]を選択し、[新規]ボタンをクリックします。次に、ベアメタルまたは Linux カーネルターゲットを[接続]タブから選択します。

    図 2-4 デバッグコンフィギュレーションの選択
    デバッグコンフィギュレーションの選択


  4. [接続]タブで、ターゲットを選択した後、DTSL オプションの[編集]ボタンをクリックします。次の図は、トレースを設定できる[DTSL コンフィギュレーションエディタ]ダイアログボックスを示しています。
  5. ターゲットプラットフォームに応じて、トレースを設定するためのさまざまなオプションが[DTSL コンフィギュレーションエディタ]に表示されます。さまざまなタブを使用して、トレースを設定します。
    図 2-5 トレースキャプチャ方法の選択
    トレースキャプチャ方法の選択


    1. [トレースキャプチャ方法]で、トレースをキャプチャするために使用するトレースバッファを選択します。
    2. [DTSL コンフィギュレーションエディタ]に、ターゲット上のトレース可能なプロセッサが表示されます。目的のプロセッサのタブをクリックし、オプションを選択して、トレースのキャプチャ対象となる個々のプロセッサのトレースを有効にします。

      注:

      トレースを有効にするオプションはネストされている場合があります。このサンプルでは、他のオプションを有効にするために[Enable Cortex-A15 core trace]を選択する必要があります。次に[Enable Cortex-A15 0 trace]を選択して、Cortex-A15 プロセッサクラスタのコア 0 でのトレースを有効にします。
      図 2-6 トレースするプロセッサの選択
      トレースするプロセッサの選択


    3. [DTSL コンフィギュレーションエディタ]で必要なその他のトレース関連オプションを選択します。
    4. [適用]をクリックし、[OK]をクリックします。これにより、トレースキャプチャのデバッグコンフィギュレーションが設定されます。
  6. デバッグコンフィギュレーションエディタのその他のタブを使用して、デバッグ接続のその他の項目を設定します。
  7. [適用]をクリックしてデバッグコンフィギュレーションを保存します。このデバッグコンフィギュレーションを使用してターゲットの接続、実行、停止を行うと、[トレース]ビューでトレースデータを確認できます。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.