7.13 ユース ケース スクリプトの Run メソッドの定義

$Run$ タグで名前が指定されたメソッドには、スクリプトのオプションへのアクセスを可能にする options という名前の少なくとも 1 つのパラメータを含める必要があります。

例 7-8 例

...
$Run$ mainMethod
...
def mainMethod(options):
    print "Running the main method"

複数のパラメータを要求するユース ケースのエントリ ポイントを定義することができます。$Run$ タグを定義した場合は、関数名のみが定義されます。スクリプト内で関数を定義した場合は、必要なパラメータ数が定義されます。

例 7-9 例

...
$Run$ main
...
# 位置引数を持つ main メソッド
def main(options, filename, value):
    print "Running the main method"
    # スクリプトに指定された位置引数を使用します。
    print "Using file: " + filename + " and value: " + value

この例では、main では 2 つのパラメータ、filename および value が必要で、これらは、ユース ケース スクリプトの実行時にコマンドラインで指定する必要があります。

非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0446ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.