condition

このコマンドは、特定のブレークポイントまたはウォッチポイントに対してブレーク条件を設定します。特定の式の値が true と評価された場合、デバッガがターゲットを停止し、そうでなければ実行を再開します。

Show/hide構文

condition number [expression]

各パラメータには以下の意味があります。

number

ブレークポイントまたはウォッチポイントの番号を指定します。これは、設定時にデバッガによって割り当てられる番号です。info breakpoints を使用すると、すべてのブレークポイントとウォッチポイントの番号とステータスを表示できます。

expression

ブレークポイントまたはウォッチポイントに達したときに評価する式を指定します。expression を指定しない場合、ブレークポイントまたはウォッチポイントの条件が削除されます。

Show/hide

Example 15. condition

condition 1 myVar<5       # ブレークポイント番号 1 にブレーク条件 myVar<5 を設定

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611