help

このコマンドは、特定のデバッグタスクに関連する、特定のコマンドまたはコマンドのグループについてのヘルプ情報を表示します。

Show/hide構文

help [ command | group]

各パラメータには以下の意味があります。

command

個々のコマンドを指定します。

group

特定のデバッグタスクのグループ名を指定します。

group_all

すべてのコマンドをグループ別に表示します。

group_breakpoints

ブレークポイントとウォッチポイントのコマンドを表示します。

group_data

ソースデータを表示するコマンドを表示します。

group_display

出力および印刷設定コマンドを表示します。

group_files

ファイルに作用するコマンドを表示します。

group_flash

フラッシュコマンドを表示します。

group_info

プログラム情報コマンドを表示します。

group_log

メッセージのログ記録コマンドを表示します。

group_memory

メモリに作用するコマンドを表示します。

group_os

オペレーティングシステムコマンドを表示します。

group_registers

レジスタコマンドを表示します。

group_running

ターゲット実行およびステップ実行グループを表示します。

group_show

デバッガ設定の show コマンドを表示します。

group_set

デバッガ設定の set コマンドを表示します。

group_scripts

スクリプトファイルで使用するコマンドを表示します。

group_stack

コールスタックコマンドを表示します。

group_support

サポートコマンドを表示します。

Show/hide

Example 40. help

help load                  # ロードコマンドに関するヘルプ情報を表示
help print                 # print コマンドに関するヘルプ情報を表示
help group_breakpoints     # ブレークポイントコマンドおよびウォッチポイントコマンドのグループを表示
help group_files           # ファイルコマンドのグループの表示

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611