memory debug-cache

このコマンドは、デバッガによるメモリ領域のキャッシュを制御します。info mem を使用すると、キャッシュ属性を表示できます。

Show/hide構文

memory debug-cache option

各パラメータには以下の意味があります。

option

以下の追加のオプションを指定します。

off

デバッガによるメモリ領域のキャッシュをグローバルに無効にします。すべてのメモリアクセスは、ターゲットに対して直接行われます。

on

デバッガによるメモリ領域のキャッシュをグローバルに有効にします。キャッシュをグローバルに有効にすると、キャッシュ可能なメモリ領域かの読み出し操作の結果がキャッシュされることがあります。これがデフォルトです。

flush

すべてのキャッシュをクリアし、次回の読み出しがキャッシュからではなくターゲットから行われるようにします。

Show/hide

Example 76. memory debug-cache

memory debug-cache off                       # キャッシュを無効化
memory debug-cache flush                     # すべてのキャッシュをクリア

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611