unset

このコマンドは、現在のデバッガ設定を変更します。

Show/hide構文

unset option

各パラメータには以下の意味があります。

option

以下の追加のオプションを指定します。

flash-buffer

フラッシュバッファを定義するデバッガ設定を削除します。

Note

この機能を使用するには、ARM® コンパイラライセンスファイルが必要です。

semihosting heap-base

ヒープのベースアドレスを削除します。

semihosting heap-limit

ヒープの終了アドレスを削除します。

semihosting stack-base

スタックのベースアドレスを削除します。

semihosting stack-limit

スタックの終了アドレスを削除します。

substitute-path [path]

代入されたすべてのソースパスを削除します。path を指定した場合、path の代入のみが削除されます。

semihosting top-of-memory

メモリの先頭を削除します。

Show/hide

Example 150. unset

unset flash-buffer                  # フラッシュバッファ設定を削除
unset substitute-path               # すべての代入パスを削除

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611