directory

このコマンドは、ソースファイルを検索するための追加のディレクトリを定義します。引数を指定せずにこのコマンドを使用すると、検索ディレクトリがデフォルトの設定にリセットされます。現在の設定を表示するには、show コマンドを使用します。

Show/hide構文

directory [path]...

各パラメータには以下の意味があります。

path

ソースファイルの検索のための追加のディレクトリを指定します。これは、一覧の最初に追加されます。

Note

複数のディレクトリを指定できますが、以下のいずれかで区切る必要があります。

  • スペース

  • コロン(Unix)

  • セミコロン(Windows)

Show/hideデフォルト

検索用のデフォルトディレクトリは以下のとおりです。

  • コンパイルディレクトリ:$cdir

  • 現在の作業ディレクトリ:$cwd

  • 現在のイメージディレクトリ:$idir

Show/hide

Example 20. directory

directory "\usr\source"      # 検索リストにディレクトリを追加
directory "\usr" "\My Src"   # 検索リストに 2 つのディレクトリを追加
                             # 最初のディレクトリが優先
directory                    # デフォルトディレクトリにリセット

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611