set variable

このコマンドは、式を評価して結果を変数、レジスタ、またはメモリに割り当てます。

Show/hide構文

set [variable] expression

各パラメータには以下の意味があります。

expression

式を指定し、結果を変数、レジスタ、またはメモリアドレスに割り当てます。

Note

CPSR などのフォーマット指定レジスタでは、文字列内で 1 つ以上のフラグを使用してシンボルによってビット値を設定できます。以下に例を示します。

set variable $CPSR="nzC"

各フラグによってレジスタ内の対応するビットが変更され、その他のビットはそのままになります。フラグでは大文字と小文字が区別されます。

  • 小文字のフラグは、対応するビットをクリアします。

  • 大文字のフラグは、対応するビットを設定します。

Show/hide

Example 113. set variable

set variable myVar=10                     # 変数 myVar に 10 を割り当て
set variable $PC=0x8000                   # アドレス 0x8000 を PC レジスタに割り当て
set variable $CPSR="nzC"                  # N ビットと Z ビットをクリア、C ビットを設定
set variable $CPSR="SVC"                  # CPSR レジスタを SVC モードに変更
set variable (*(int*)0x8000)=1            # 1 を 0x8000 に割り当て
set variable *0x8000=1                    # 1 をアドレス 0x8000 に割り当て
set variable ((char*)0x8000)="My String"  # 文字列をアドレス 0x8000 に割り当て
set variable ((int*)0x8000)={10,20,30,40} # 配列を 0x8000 に割り当て

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611