source

このコマンドは、ターゲットの制御とデバッグのためのデバッガコマンドが含まれたスクリプトファイルをロードして実行します。

以下の種類のコマンドが使用できます。

DS-5 デバッガコマンド

組み込みアプリケーションのテストとデバッグのための包括的なコマンドセットです。デバッグを十分にサポートするには、この種類のデバッガマンドの使用をお勧めします。

CMM 形式のコマンド

小さなターゲットの初期化スクリプトを実行するのに十分な、ごく一部のコマンドのみがサポートされています。CMM は一部のサードパーティ製デバッガによってサポートされているスクリプト言語です。

Show/hide構文

source [/v] filename

各パラメータには以下の意味があります。

v

詳細な出力を指定します。スクリプトの各コマンドは、デバッグ出力によってインターリーブされています。

filename

スクリプトファイルを指定します。

Show/hideデフォルト

デフォルトは DS-5 デバッガコマンドです。

Show/hide

Example 141. source

source myScripts\myFile.ds   # myFile.ds から DS-5 デバッガコマンドを実行
source myScripts\myFile.cmm  #  myFile.cmm から CMM 形式のコマンドを実行
source myScripts\myFile.t32  # myFile.t32 から CMM 形式のコマンドを実行
source /v myFile.ds          # myFile.ds から DS-5 デバッガコマンドを実行し、
                             # デバッガ出力によってインターリーブされたコマンドを表示

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611