Set コマンド

コマンドの一覧:

set

set は、set variable のエイリアスです。

set arm

逆アセンブリ用の命令セットの選択時およびブレークポイントの設定時の、デバッガの動作を制御します。

set auto-solib-add

共有ライブラリのシンボルの自動ロードを制御します

set backtrace

info stack コマンドを使用したときのデフォルトの動作を制御します。

set breakpoint

ブレークポイントとウォッチポイントの自動動作を制御します。

set blocking-run-control

ステップ実行や実行などの実行制御操作を、ターゲットが停止するまでブロックするか、またはすぐに解放するかを制御します。

set debug-from

後続の start コマンドで使用されるテンポラリブレークポイントのアドレスを指定します。

set endian

デバッガによって使用されるバイト順序を指定します。

set escapes-in-filenames

パス内での特殊文字の使用方法を制御します。

set flash-buffer

フラッシュバッファとして使用するメモリ領域を定義します。

set listsize

list コマンドによって表示されるソースのデフォルトの行数を変更します。

set os

デバッガのオペレーティングシステム(OS)設定を制御します。

set print

現在のデバッガの出力設定を制御します。

set semihosting

デバッガのセミホスティングオペレーションを制御します。

set solib-search-path

共有ライブラリのシンボルを検索するための追加のディレクトリを指定します。

set step-mode

デバッグ情報を持たない関数をステップ実行するか、ステップオーバーするかを指定します。

set stop-on-solib-events

ダイナミックリンカによってイベントが通知されたときに、デバッガの実行を停止するかどうかを指定します。

set substitute-path

ソースコードを表示する際に使用する検索パスを変更します。

set sysroot, set solib-absolute-prefix

共有ライブラリのパスの前に付けるシステムルートを指定します。

set variable

式を指定し、結果を変数に割り当てます。

set wildcard-style

文字列でパターンマッチングに使用するワイルドカードスタイルを指定します。

特定のコマンドの詳細を表示するには、「help」に続けてコマンド名を入力します。

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611