set substitute-path

このコマンドは、デバッガがソースコードを検索または表示するコマンドを実行するときにデバッガが使用する検索パスを変更します。このコマンドは、ソースファイルが、コンパイル時に使用された元の場所から移動された場合に役立ちます。

実行後、set substitute-path コマンドを再度使用すると、現在のリストの末尾にルールが追加されます。

Show/hide構文

set substitute-path path1 path2

各パラメータには以下の意味があります。

path1

既存の検索パスを指定します。

path2

代替の検索パスを指定します。

Show/hide

Example 111. set substitute-path

set substitute-path "\src" "\My Src"         # "\src" を "\My Src" に置き換え

Show/hide関連項目

Copyright © 2010, 2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452FJ
Non-ConfidentialID111611