show semihosting

このコマンドは、デバッガの現在のセミホスティング設定を表示します。 これらの設定を変更するには、set semihosting コマンドを使用します。

Show/hide構文

show semihosting option

各パラメータには以下の意味があります。

option

以下の追加のオプションを指定します。

args

アプリケーションの main() 関数に渡されるコマンドライン引数を表示します。

enabled

セミホスティング対応の設定を表示します。

file-base

file-base ディレクトリの設定を表示します。

stdin

stdin 設定を表示します。

stdout

stdout 設定を表示します。

stderr

stderr 設定を表示します。

top-of-memory

メモリの先頭のアドレスを表示します。

stack-base

スタックベースのアドレスを表示します。

stack-limit

スタックリミットのアドレスを表示します。

heap-base

ヒープベースのアドレスを表示します。

heap-limit

ヒープリミットのアドレスを表示します。

ベクタ

セミホスティングブレークポイントを使用している場合はアドレスが表示されます。それ以外の場合は、ベクタが使用されていることを示すメッージが表示されます。

Show/hide

Example 131. show semihosting

show semihosting args                # コマンドライン引数を表示
show semihosting enabled             # セミホスティング対応の設定を表示
show semihosting top-of-memory       # メモリの先頭のアドレスを表示

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452IJ
Non-ConfidentialID051512