break-stop-on-threadsbreak-stop-on-cores

このコマンドを実行すると、既存のブレークポイントが 1 つ以上のスレッドまたはプロセッサに適用されます。

Show/hide構文

break-stop-on-threads number [id]...

break-stop-on-cores number [id]...

各パラメータには以下の意味があります。

number

ブレークポイントの番号を指定します。 この番号は、設定時にデバッガによって割り当てられる一意のブレークポイントの番号です。 info breakpoints を使用して、ブレークポイントの番号とステータスを表示することができます。

id

ブレークポイントの適用先として 1 つ以上のスレッドまたはプロセッサを指定します。 現在のスレッドまたはプロセッサを参照するには、$thread または $core を使用します。 id を指定しない場合、すべてのスレッドまたはプロセッサにブレークポイントが適用されます。 id 番号を表示するには、info cores または info threads を使用します。

Show/hide

Example 12. break-stop-on-threadsbreak-stop-on-cores

break-stop-on-threads 1 2               # ブレークポイント 1 をスレッド 2 に適用します。
break-stop-on-threads 4 9 11            # ブレークポイント 4 をスレッド 9 と 11 に適用します。
break-stop-on-cores 4                   # ブレークポイント 4 をすべてのプロセッサに適用します。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452IJ
Non-ConfidentialID051512