var.print

このコマンドは、1 つ以上の式の結果を連結します。

Show/hide構文

var.print [%printing_format] expression... [/flag]

各パラメータには以下の意味があります。

printing_format

[ascii | binary | decimal | hex] のいずれかを指定します。 指定しない場合、デフォルトは 10 進形式です。

expression

評価して結果を返す式を指定します。 式の中でスクリプト変数を使用するには、名前の前にバックスラッシュを付けます。 スクリプト変数は、行時のみ使用できます。

flag

追加のフラグを指定します。

json

メッセージを JSON 形式で表示する出力オプションを指定します。

Show/hide

Example 178. var.print

var.print "Value is: " myVar1       ; 文字列および myVar1 を表示
var.print myVar1 " and " myVar2     ; 連結された文字列および変数を表示
var.print %h myVar1                 ; myVar1 を 16 進数で表示
var.print \myVar                    ; スクリプト変数の値を表示

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452IJ
Non-ConfidentialID051512