x

このコマンドは、特定のアドレスにあるメモリの内容を表示します。

Show/hide構文

x [/flag]... [address]

各パラメータには以下の意味があります。

flag

追加のフラグを指定します。

count

表示する値の番数を指定します。 指定しない場合、デフォルトは 1 です。

メモリサイズ:

b

1 バイト

h

2 バイト

w

4 バイト(デフォルト)

g

8 バイト

出力形式:

x

16 進数(16 進数で出力する前に、符号なし整数に値をキャストします)

d

符号付き 10 進数

u

符号なし 10 進数

o

8 進数

t

バイナリ

a

絶対 16 進数アドレス

c

文字

f

浮動小数点

i

アセンブラ命令

Note

出力形式を指定しない場合、初期のデフォルトは x です。ただし、出力形式オプションを使用する別のコマンドを使用したことがある場合は、それと同じ形式が維持されます。

address

アドレスを指定します。 これには、アドレス、シンボル名、またはアドレスを求める式を指定できます。 address を指定しない場合、デフォルト値が使用されます。 メモリにアクセスするコマンドの中には、このデフォルト値を設定できるコマンドもあります。 例えば、xprintoutput、および info breakpoints などです。

Note

このコマンドは、デフォルトのアドレス変数を最後にアクセスされたアドレス位置に設定します。

Show/hide

Example 158. x

x 0x8000       # アドレス 0x8000 にあるメモリを表示
x/3wx 0x8000   # アドレス 0x8000(16 進数)から 3 ワード分のメモリを表示
x/4b $SP       # SP レジスタのアドレスから 4 バイト分のメモリを表示
x/4i $PC       # PC レジスタのアドレスから 4 つの命令を表示
x /h 0x8000    # アドレス 0x8000 からハーフワードを読み出し

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2012 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452IJ
Non-ConfidentialID051512