silence

このコマンドは、特定のブレークポイントの停止メッセージの出力を無効にします。

Show/hide構文

silence [number]

各パラメータには以下の意味があります。

number

ブレークポイントの番号を指定します。これは、設定時にデバッガによって割り当てられる番号です。info breakpoints を使用すると、すべてのブレークポイントとウォッチポイントの番号とステータスを表示できます。

number を指定しない場合は、すべての停止メッセージが無効になります。

Show/hide

Example 170. silence

silence 2                          # ブレークポイント 2 の停止メッセージの出力を無効化
silence $                          # 直前に作成されたデバッガ変数内に
                                   # 番号があるブレークポイントに適用

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452TJ
Non-ConfidentialID102114