set escape-strings

このコマンドは、文字列の特殊文字がデバッガコマンドラインにどのように出力されるかを制御します。

Show/hide構文

set escape-strings off | on

各パラメータには以下の意味があります。

off

文字列内のすべてのバックスラッシュ文字をエスケープシーケンスとして処理するように指定します。例えば、文字列に "\t" が含まれていると、これはタブ文字として出力されます。

これがデフォルトです。

on

文字列内のすべてのバックスラッシュをエスケープシーケンスとして処理せず、文字どおりに出力するように指定します。例えば、文字列に "\t" が含まれていると、これは "\" 文字と "t" 文字として出力されます。

Show/hide

Example 127. set escape-strings

set escape-strings on

output "Say \"hello\""

“Say \“hello\””
set escape-strings off

output "Say \"hello\""

"Say ”hello"”

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452TJ
Non-ConfidentialID102114