set blocking-run-control

このコマンドは、ステップ実行や実行などの実行制御操作を、ターゲットが停止するまでブロックするか、またはすぐに解放するかを制御します。

Show/hide構文

set blocking-run-control { off | on | script-only}

各パラメータには以下の意味があります。

off

非同期を指定します。ターゲットが停止する前に、制御が戻されます。

on

同期を指定します。ターゲットが停止するまで実行制御操作がブロックされます。これには、各実行制御操作の後に wait コマンドを発行するのと同じ効果があります。

script-only

スクリプト内からコマンドとして実行された場合のみ、実行制御操作がブロックされるように指定します。

これがデフォルトです。

Show/hide

Example 120. set blocking-run-control

set blocking-run-control on      # ターゲットが停止するまで実行制御操作をブロック

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452TJ
Non-ConfidentialID102114