info members

このコマンドは、選択したスタックフレームに対応する関数でアクセスできる、すべてのクラスメンバ変数の名前とデータ型を表示します。

Show/hide構文

info members [expression]

各パラメータには以下の意味があります。

expression

クラスメンバの名前または構造体、共用体、またはクラス変数を求めるための C 式を指定します。expression を指定しない場合、this ポインタによって特定される現在の関数のすべてのメンバが表示されます。

Note

-O2 などの高度なコンパイラ最適化レベルを、--debug と組み合わせて使用すると、オブジェクトコードとソースコードとの間のマップが明確でないために、デバッグビューの質が許容できない程度まで低下することがあります。コンパイラが this ポインタの削除による最適化を行う場合、式を指定せずに info members コマンドを使用すると、エラーが発生します。

Show/hide

Example 60. info members

info members                     # 現在の関数のメンバを表示
info members my_Struct[0-9]+     # 一致する構造体変数のメンバを表示

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452TJ
Non-ConfidentialID102114