append

このコマンドは、メモリまたは式の結果からデータを読み出し、既存のファイルの末尾に追加します。

Show/hide構文

append [format] memory filename start_address { end_address | +size}

append [format] value filename expression

各パラメータには以下の意味があります。

format

出力形式を以下の中から指定します。

binary

バイナリ。これがデフォルトです。

ihex

Intel Hex 32 ビット形式。

srec

Motorola 32 ビット形式(S レコード)。

vhx

バイト指向 16 進形式(Verilog メモリモデル)

filename

ファイルを指定します。

start_address

メモリの開始アドレスを指定します。

end_address

メモリの終了アドレス(指定したアドレスを含む)を指定します。

size

領域のサイズを指定します。

expression

評価して結果を返す式を指定します。

Show/hide

Example 8. append

append memory myFile.bin 0x8000 0x8FFF  # メモリ 0x8000 ~ 0x8FFF の内容を
                                        # バイナリファイル myFile.bin に追加
append srec value myFile.m32 myArray    # myArray の内容を
                                        # Motorola 32 ビットファイル myFile.m32 に追加

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452TJ
Non-ConfidentialID102114