info functions

このコマンドは、すべての関数の名前とデータ型を表示します。

Show/hide構文

info functions [expression]

各パラメータには以下の意味があります。

expression

関数名またはワイルドカード式を指定します。ワイルドカード式を使用すると、より高度なパターンマッチングを実行できます。

expression を指定しない場合、すべての関数が表示されます。

Show/hide

Example 57. info functions

info functions                 # すべての関数の情報を表示
info functions m*              # m で始まる名前に関する情報を表示
                               # (set wildcard-style=glob の場合)
info functions my_func[0-9]+   # my_func の後に数字が付いた名前に関する情報を表示
                               # (set wildcard-style=regex の場合)

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452TJ
Non-ConfidentialID102114