set variable

このコマンドは、式を評価して結果を変数、レジスタ、またはメモリに割り当てます。

Show/hide構文

set [variable] expression

各パラメータには以下の意味があります。

expression

式を指定し、結果を変数、レジスタ、またはメモリアドレスに割り当てます。

Show/hide

Example 139. set variable

set variable myVar=10                               # 変数 myVar に 10 を割り当て
set variable $PC=0x8000                             # アドレス 0x8000 を
                                                    # PC レジスタに割り当て
set variable $CPSR.N=0                              # N ビットをクリア
set variable (*(int*)0x8000)=1                      # 1 をアドレス 0x8000 に割り当て
set variable *0x8000=1                              # 1 をアドレス 0x8000 に割り当て
set variable strcpy((char*)0x8000,"My String")      # 文字列をアドレス 0x8000 に割り当て
set variable memcpy(void*)0x8000,{10,20,30,40},4)   # 配列をアドレス 0x8000 に割り当て

Show/hide関連項目

Copyright © 2010-2014 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0452TJ
Non-ConfidentialID102114