A.2 追補:この利用許諾契約書を文書に適用するには

この利用許諾契約書を文書に適用するには、この契約書の複製物 1 つを文書中に含め、以下に示す著作権表示と利用許諾告知をタイトルページのすぐ後に表示して下さい。
Copyright (C) 西暦年名前。
本書は、フリーソフトウェア財団発行の GNU フリー文書利用許諾契約書、
バージョン 1.2 またはそれ以降が定める条件の下で、
複製、頒布、または改変することを許可されています。
変更不可部分、表カバーテキスト、裏カバーテキストは存在しません。
この利用許諾契約書の複製は、「GNU フリー文書利用許諾契約書」の章に含まれています。
変更不可部分や表カバーテキスト、裏カバーテキストが存在する場合は、「変更不可部分、…は存在しません。」というところを以下で置き換えて下さい。
変更不可部分の章の題名を列記、
表カバーテキストの列記、裏カバーテキストの列記
変更不可部分はあるがカバーテキストは存在しないなど、3 つの要素のその他の組み合せに関しては、状況に合わせて上記 2 つの選択肢を併用して下さい。
文書中に、相当量のプログラムのサンプルコードが含まれる場合、そのようなサンプルに関しては、この利用許諾契約書と同時に GNU 一般公衆許諾契約書などのフリーソフトウェア向けライセンスのうちいずれかを選択して公開し、それらのサンプルコードをフリーソフトウェアとして許可することを推奨します。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452UJ
Copyright © 2010-2015 ARM.All rights reserved.