1.1.5 Usage of wildcards

ワイルドカードを使用すると、DS-5 デバッガ式でより高度なパターンマッチングを実行できます。

使用できるワイルドカードのパターンマッチングは以下のとおりです。

  • Globs。これがデフォルトです。

  • 正規表現。

デフォルト設定は、DS-5 デバッガコマンド set wildcard-style を使用して変更できます。

Globs

Globs は、文字列の内容を調べるメカニズムです。これを使用して、変数の中から特定のパターンに一致する文字列を検索できます。

ワイルドカードをサポートするコマンドでは、以下の構文で Globs を使用できます。

*

0 個以上の文字を指定します。

?

1 個の文字のみを指定します。

\

* または ? を含む文字列に対して検索を行うためにエスケープ文字を指定します。

[character]

文字の範囲を指定します。!character を使用すると、範囲内にリストされていない文字を検索できます。

例 1-2 例

これは、ワイルドカードを使用できる Globs の一例です。

info functions m*            # m で始まるすべての関数をリスト

Regular expressions

ワイルドカードをサポートするコマンドでは、正規表現を使用できます。

サポートされている正確な正規表現の構文については、『Mastering Regular Expressions』に説明されています。

例 1-3 例

これは、ワイルドカードを使用できる正規表現の一例です。

info functions m.* # m で始まるすべての関数をリスト
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.