1.1.4 Built-in functions within DS-5 expressions

DS-5 デバッガ式の中で組み込み関数を使用すると、より多くの機能が使用できるようになります。

DS-5 デバッガ式では、以下の組み込み関数を使用できます。

int strcmp(const char *str1, const char *str2);

2 つの文字列を比較して 1 つの戻り値に整数を返します。

戻り値は以下のとおりです。

<0

文字の照合順序で、2 番目の引数文字列の値が最初の引数文字列の値より後であること(str1 < str2)を示します。

0

2 つの文字列の内容が同じであることを示します。

>0

文字の照合順序で、最初の引数文字列の値が 2 番目の引数文字列の値より後であること(str2 < str1)を示します。

int strncmp(const char *str1, const char *str2, size_t n);

2 つの文字列で最大 n 文字を比較して、整数を返します。

戻り値は以下のとおりです。

<0

文字の照合順序で、2 番目の引数文字列の値が最初の引数文字列の値より後であること(str1 < str2)を示します。

0

2 つの文字列の内容が同じであることを示します。

>0

文字の照合順序で、最初の引数文字列の値が 2 番目の引数文字列の値より後であること(str2 < str1)を示します。

char *strcpy(char *str1, const char *str2);

"\0" を含め、str2str1 にコピーし、str1 を返します。

char *strncpy(char *str1, const char *str2, size_t n);

"\0" を含め、str2 で最大 n 文字を str1 にコピーし、str1 を返します。str2 の文字数が n より少ない場合、"\0" を埋め込みます。

void *memcpy(void *s, const void *cs, size_t n);

cs から s に最大 n 文字をコピーし、s を返します。

例 1-1 例

break main.c:45 if strcmp(myVar, "10") == 0     # 文字列が同じ場合に停止する
                                                # 条件付きブレークポイントを設定
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.