1.3.182 show os

オペレーティングシステム(OS)の制御設定を表示します。 これらの設定を変更するには、set os コマンドを使用します。

注:

このコマンドを使用する前に、OS 認識接続を確立しておく必要があります。

構文

show os option

各項目には以下の意味があります。

option

以下の追加のオプションを指定します。

enabled

OS サポートを制御するための設定を表示します。

kernel-stack-size

カーネルのスタックサイズを表示します。

log-capture

OS のログメッセージのキャプチャと出力を制御する設定を表示します。

read-all-threads-on-stop

ターゲット停止時のスレッドの読み取りの設定を表示します。

例 1-185 例

show os log-capture            # OS ログキャプチャを制御するための設定を表示。
show os enabled                # OS 対応の設定を表示。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.