1.3.142 set escape-strings

デバッガコマンドラインでの文字列の特殊文字の出力方法を制御します。

構文

set escape-strings off|on

各項目には以下の意味があります。

off

文字列内のすべてのバックスラッシュ文字をエスケープシーケンスとして処理するように指定します。例えば、文字列に "\t" が含まれていると、これはタブ文字として出力されます。

これがデフォルトです。

on

文字列内のすべてのバックスラッシュをエスケープシーケンスとして処理せず、文字どおりに出力するように指定します。たとえば、文字列に "\t" が含まれていると、これは "\" 文字と "t" 文字として出力されます。

例 1-145 例

set escape-strings on
output "Say \"hello\""
“Say \“hello\””
set escape-strings off
output "Say \"hello\""
"Say ”hello"”
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.