1.3.114 reset

ターゲットでリセットを実行します。 reset コマンドの正確な動作は、デバッグエージェントおよびターゲットに依存します。

例えば、

  • デバッグエージェントは、様々な方法でターゲットをリセットすることができます。

  • ターゲット上のスイッチの位置。

  • gdbserver 接続は、gdbserver を再起動してスクリプトを実行するように設定することもできます。

詳細については、ご使用のターゲットまたはデバッグエージェントのマニュアルを参照して下さい。

注:

reset は、デバッガにロードされたシンボルに影響を与えません。リセットの後、レジスタとメモリに異なる値が格納されることがあります。

構文

reset [key]

各項目には以下の意味があります。

key

リセットキーを指定します。リセット機能はターゲットに依存し、すべてのターゲットで有効でないことがあります。info capabilities を使用すると、デバッガに現在接続されているターゲットデバイスの機能設定の一覧を表示できます。

リセットキーの一般的なオプションは、以下のとおりです。

app

アプリケーションの再起動。

system

バスまたはプロセッサ固有でない、一般的なハードウェアリセット。

key を設定しない場合は、最初に有効になったリセット機能が実行されます。

例 1-117 例

reset                             # 最初に有効になったリセット機能を実行
reset app                         # アプリケーションの再起動を実行
reset system                      # 一般的なハードウェアリセットを実行
reset bus                         # バスリセットを実行
reset jtag                        # JTAG(nTRST)リセットを実行
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.