1.3.35 enable breakpoints

番号で指定した 1 つ以上のブレークポイントまたはウォッチポイントを有効にします。

構文

en able [breakpoints] [number...]

各項目には以下の意味があります。

number

ブレークポイントまたはウォッチポイントの番号を指定します。これは、設定時にデバッガによって割り当てられる番号です。info breakpoints を使用すると、すべてのブレークポイントとウォッチポイントの番号とステータスを表示できます。

注:

ソースコードの 1 行に複数のステートメントが入力されている場合、それらのステートメントには、例えば n.n のようにサブ番号が割り当てられます。複数のステートメントに設定されたすべてのブレークポイントを指定するには、n.0 と指定し、個別のステートメントを指定するには、n.n と指定します。

number を指定しない場合、すべてのブレークポイントとウォッチポイントが無効になります。

注:

ブレークポイントのサブコマンドはオプションです。

例 1-38 例

enable breakpoints 1           # ブレークポイント番号 1 を有効化
enable breakpoints 1 2         # ブレークポイント番号 1 と 2 を有効化
enable breakpoints             # すべてのブレークポイントとウォッチポイントを有効化
enable breakpoints $           # 直前に作成されたデバッガ変数内に
                               # 番号があるブレークポイントを削除
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.