1.3.33 dump

メモリまたは式の結果からデータを読み出し、ファイルに書き込みます。

構文

dump [formatmemory filename start_address {end_address | +size}
dump [formatvalue filename expression

各項目には以下の意味があります。

format

出力形式を以下の中から指定します。

バイナリ

バイナリ。これがデフォルトです。

elf

32‑ ビットの ARM ELF。

elf64

64‑ ビットの ARM ELF。

ihex

Intel Hex‑32 ビット形式。

srec

Motorola 32‑ ビット形式(S レコード)。

vhx

バイト指向 16 進形式(Verilog メモリモデル)

filename

ファイルを指定します。

start_address

メモリの開始アドレスを指定します。

end_address

メモリの終了アドレス(指定したアドレスを含む)を指定します。

size

領域のサイズを指定します。

expression

アドレスを求め、そのアドレスにあるデータがファイルに書き込まれる式を指定します。

例 1-36 例

dump memory myFile.bin 0x8000 0x8FFF     # メモリ 0x8000 ~ 0x8FFF の内容を
                                         # バイナリファイル myFile.bin に追加
dump srec value myFile.m32 &myArray  # myArray の内容を
                                         # Motorola 32 ビットファイル myFile.m32 に追加
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.