1.3.64 info memory-parameters

アドレス空間に適用できるメモリパラメータを表示します。

構文

infomemory-parameters
infomem-params

デバッガでターゲットメモリを操作する場合、式を使用してメモリアドレスを指定することができます。また、式の中で外部パラメータを使用し、その他のメモリ演算を制御することもできます。さまざまなアドレス空間で多様なパラメータをサポートします。アドレス空間に適用できるパラメータを見つけるには、info memory‑parameters コマンドを使用します。

以下に、メモリアドレス式の構文を示します。

ADDRESS_SPACE_NAME<param_a=1,param_b=2,...>:address .

ADDRESS_SPACE_NAME を指定しない場合、デフォルトは現在の仮想アドレス空間になります。

以下に、メモリアドレス式を含んでいる set コマンドのサンプルを示します。

set *((int*)P<verify=0>:0x8000)=0x1234

このコマンドによって整数 0x1234 が指定された物理アドレス 0x8000 に書き込まれますが、その書き込みの検証は行われません。

例 1-67 例

info mem-params
アドレス空間 | パラメータ | 説明
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
N:            | width     | アクセスの実行に使用されるアクセス幅を指定します。これは、データ読み込み総数には影響を与えません。
              | verify    | 書き込み操作の際、値を読み出して書き込んだ値と比較することにより、値を検証する必要があるかどうかを制御します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
NP:           | width     | アクセスの実行に使用されるアクセス幅を指定します。これは、データ読み込み総数には影響を与えません。
              | verify    | 書き込み操作の際、値を読み出して書き込んだ値と比較することにより、値を検証する必要があるかどうかを制御します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
S:            | width     | アクセスの実行に使用されるアクセス幅を指定します。これは、データ読み込み総数には影響を与えません。
              | verify    | 書き込み操作の際、値を読み出して書き込んだ値と比較することにより、値を検証する必要があるかどうかを制御します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
SP:           | width     | アクセスの実行に使用されるアクセス幅を指定します。これは、データ読み込み総数には影響を与えません。
              | verify    | 書き込み操作の際、値を読み出して書き込んだ値と比較することにより、値を検証する必要があるかどうかを制御します。
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0452ZJ
Copyright © 2010–2016 ARM.All rights reserved.