2.3.1. コンフィギュレーションファイル

以下のコマンドを使用し、オプションのプレーンテキストのコンフィギュレーションファイルにリファレンスをインクルードすることによって、Model Shell を使用してコマンドラインから起動するモデルを設定できます。

model_shell --config-file my_configuration_file.txt ...

コンフィギュレーションファイルの各行には、コマンドラインの割り当てに使用される構文と同一の instance.parameter=value 構文が必要です。

コメントまたは空白テキストの前に # 文字を使用することによって、コンフィギュレーションファイルにコメント行および空白行を含めることもできます。

コンフィギュレーションファイルを生成するには、コマンドラインで --list-instances および --list-params オプションを使用します。コマンドラインにはパラメータの割り当てを含めることもできます。以下に、コマンドラインの例を示します。

model_shell --list-params --list-instances -C top-mm=0x3  -C top-mm=0x3  -o file.config -m model.so

Example 2.1 にリストされている file.config コンフィギュレーションファイルが生成されます。

Example 2.1. 生成されたコンフィギュレーションファイル

# Instances:
# Instance id:instance name (SW:y/n, component, type, version) :description
# instance.parameter=value       #(type, mode) default = 'def value' :description :[min..max]
#----------------------------------------------------------------------------------------------
# Instance  0:(SW:no , NoCore, , 1.0) :Regression test system without PVLIB usage.
    top-p=0x2          # (int   , init-time) default = '0x2'    :test display name
    top-str="empty"    # (string, init-time) default = 'empty'  :test string param
    top-mm=0x3         # (int   , init-time) default = '0x6'    :test min(2) max(6) param :[0x2..0x6]
# Instance  1:a1    (SW:no , A, , 1.0) :
    a1.p1=0x2          # (int   , init-time) default = '0x2'    :A parameter p1
    a1.p2=0            # (bool  , run-time ) default = '0'      :A parameter p2
# Instance  2:a1.b  (SW:no , B, , 1.0) :
    a1.b.p1=0x2        # (int   , init-time) default = '0x2'    :B parameter p1
    a1.b.p2=""         # (string, run-time ) default = ''       :B parameter p2
# Instance  3:a2    (SW:no , A, , 1.0) :
    a2.p1=0x2          # (int   , init-time) default = '0x2'    :A parameter p1
    a2.p2=0            # (bool  , run-time ) default = '0'      :A parameter p2
# Instance  4:a2.b  (SW:no , B, , 1.0) :
    a2.b.p1=0x2        # (int   , init-time) default = '0x2'    :B parameter p1
    a2.b.p2="test"     # (string, run-time ) default = ''       :B parameter p2
#----------------------------------------------------------------------------------------------

Example 2.1 では、ファイルを Model Shell の入力ファイルとして使用できるようにインスタンスの情報がコメント行の形式で記されています。top-mm および a2.b.p2 パラメータの値は、これらのパラメータの新しい値がコマンドラインで指定されたためにデフォルト値から変更されています。

Example 2.2 では、実行時パラメータを指定する別の例を示します。

Example 2.2. コンフィギュレーションファイル

# Disable semihosting using true/false syntax
coretile.core.semihosting-enable=false
#
# Enable VFP at reset using 1/0 syntax
coretile.core.vfp-enable_at_reset=1
#
# Set the baud rate for UART 0
baseboard.uart_0.baud_rate=0x4800

Copyright © 2008-2011 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0457GJ
Non-ConfidentialID020712