2.3 C ライブラリの構造

概念上、C ライブラリは、ISO C 標準に含まれる関数(例えば、printf())と ISO C 標準をサポートする関数に分類することができます。

例えば、以下の図は、デバッガコンソールウィンドウに書き込むという方法で関数 printf() を実装する C ライブラリを示しています。この実装は、セミホスティング呼び出しを実行するサポート関数である _sys_write() を呼び出すことによって提供されます。その結果、ターゲットのペリフェラルではなくデバッガが使用されるデフォルトの動作になります。

図 2-1 C ライブラリの構造
この図を表示するには、ご使用のブラウザが SVG 形式をサポートしている必要があります。ネイティブでサポートしているブラウザをインストールするか、次のような適切なプラグインをインストールします。Adobe SVG Viewer。.

関連情報
ARM C ライブラリと C++ ライブラリ
C および C++ ライブラリ関数
非機密扱いPDF file icon PDF 版ARM DUI0471JJ
Copyright © 2010-2013 ARM.All rights reserved.