関数の自動インライン展開とマルチファイルのコンパイル

RVCT 4.0 で -O3 レベルでデフォルトにより有効になっている --multifile オプション、または --ltcg を使用してコンパイルする場合、コンパイラは他の変換単位に定義されている関数への呼び出しを自動的にインライン展開できます(ARM コンパイラ 4.1 では、最適化レベルに関係なく、--multifile がデフォルトで無効になっています)。

--multifile を使用する場合は、両方の変換単位をコンパイラの 1 回の呼び出しでコンパイルする必要があります。--ltcg を使用する場合、これらは一緒にリンクするだけでかまいません。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472BJ
Non-ConfidentialID011811