C99 の複素数

C99 モードでは、コンパイラは複素数および虚数をサポートしています。GNU モードでは、コンパイラは複素数のみをサポートしています。

以下に例を示します。

#include <stdio.h>
#include <complex.h>

int main(void)
{
    complex float z = 64.0 + 64.0*I;
    printf("z = %f + %fI\n", creal(z), cimag(z));
    return 0;
}

複素数の種類は以下のとおりです。

Show/hide関連項目

Copyright © 2010 ARM. All rights reserved.ARM DUI 0472BJ
Non-ConfidentialID011811